アップルからiPadが発表されました。
iPadは搭載するフラッシュメモリは16ギガバイト、32ギガバイト、64ギガバイトから選べます。
一方、端末にはデータを置かずに、サーバーにデーターを集中的に置き、ブロードバンドで常に端末からサーバーにアクセスするクラウド・コンピューティングが盛んになるでしょう。
企業内でのネットワークとしては、端末にデータを置かないクラウドの方がセキュリティ上良いと思います。
ところで事例とはある事に関する実際に起こった個々の出来事です。 iPad活用事例が多くなれば活用されるでしょう。







クラウド環境でのファイル転送クラウド環境での電子データ交換(EDI)も盛んになってきています。
ファイル共有によって 情報共有が実現できます。 その結果 電子商取引ECで利用できます。



iPad
cloud
EDI
クラウド
【ホームページ作成講座】 | 本・漫画・DVD・アニメ・家電・ゲーム | Webコンサルティングサービス
業界NO1のライブチャット | 自宅でで学べる!CAD資格合格講座 | 20GB 無料のオンラインストレージ
★薬草の資格が取れる! ⇒ 【薬草ガーデン講座】 | 最新ニュース | Web検索 | ドメイン | 無料HPスペース